かえるチャレンジ

運営しているブログのことや仕事、生活で役立つことを公開しています。

【節約術】コンビニに行かないメリット、行くデメリット

※更新 2017.06.05

f:id:paychan:20170214001050j:plain

便利でついつい寄ってしまうコンビニ。

「いつでも行けるから」

「ちょっとした物を買いやすい」

 

毎日利用している人も多いと思います。私も最近までよく行っていました。お弁当、ドリンク、日用品と何でも揃っていて便利なんですよね。

 

コンビニに行かないようになってから得なことばかりです。まず、一番はお金の節約になります。無駄な買い物がなくなると、貯金ができたり、他の好きなモノにお金を使えます。

 

今回はコンビニに立ち寄ってしまう人向けにコンビニに行かないメリットと生活の節約術を紹介します。

 

コンビニに行かないメリット

コンビニは便利なんです。

お弁当にドリンクに文房具や日用品、雑誌とあらゆる商品が揃っています。ただ、その便利さがたまにキズです…

 

気付いたら必要ないものを買っていたり、無駄な食費がかさんでしまいます。お菓子やデザートも充実しているので、ダイエット中の人には太るキッカケになったり。

 

コンビニは便利です。ですが、コンビニに振り回されないように利用することが賢い使い方です。コンビニに行かないだけでも次のような得(メリット)があります。

 

お金の節約

まず、お金の節約になります。コンビニの便利さは時としてお金を使いすぎてしまうことがあります。

 

お昼ご飯を買うつもりが気付いたら1000円近く買っていたり、コーヒーだけのつもりがお菓子も買っていたり。

 

コンビニには必要じゃないものもたくさん置いてあります。自分が欲しいと思ってないものも目に入ると欲しくなってしまうのが、人の性です。

 

コンビニに立ち寄る時は「これだけ買う!」と決めて入るといいでしょう。何も決めずに入ると、どれも良い商品に見えます。あらかじめ決めてから行くだけで、無駄な買い物も減ります。

 

時間の節約

時間の節約にもなります。用はないけど立ち寄ってしまうことってよくありませんか?

 

用もなく立ち寄ると思っている以上に時間を消費します。お菓子を買うと考えて入る時はお菓子コーナーからレジという流れが頭で思いつきますが、何も考えてない時に入ると色々見てしまいます。

 

「何か新しい商品ないかな?」と店内をグルっと回る経験をしたことがあると思います。

 

人は新しいものが好きです。好奇心みたいなものですね。新しい商品を見つけて「試してみようかな?」と考えてしまいます。

 

新しい商品を見つけるのも買うか迷うのも時間の消費です。必要なものがない時はできるだけコンビニに入らないように注意しましょう。 

 

どうしても行ってしまう人向けのコンビニ節約術

便利なので、どうしても毎日コンビニを使う人もいるでしょう。例えば、お昼は毎日コンビニのお弁当という人もいると思います。

 

そういう場合は、あらかじめ買うものを決めておくことが効果的です。

 

すでに何度か説明していますが、買うものを決めていれば他のコーナーを見に行くことも減りますし、必要な商品を手に取ってレジに行くだけなので、お金的にも時間的にも節約になります。

 

それでも買ってしまう人は、買ったつもり貯金をするといいでしょう。1ヶ月試すだけでも効果があります。

 

買ったつもり貯金はコンビニに行かなかった日もコンビニに行ったつもりでお財布の中のお金を貯金箱に貯金します。人によって差はありますが、1ヶ月続けると数千円〜数万円貯まります。

 

コンビニでいくら使っていたかわかりますし、貯金の癖もついて一石二鳥です。貯金できるとわかれば、来月からもっと貯金額を増やしてみようとチャレンジしたくなること間違いなしです。

 

クレジットカードを使うとお得です

会計の時に現金の支払いをするよりもクレジットカードを使うほうがおすすめです。

 

クレジットカードを使うとポイントが付いてきます。例えば、購入した金額の2%など。

 

「そんなちょっとならいらない」と思うかもしれませんが、コンビニを定期的に使う人はクレジットカードを使わないと大損します。

 

たった2%でも平日毎日使っていれば、20日なので20倍です。毎日5ポイントだとしたら、1ヶ月後には100ポイント貯まってます。100ポイント貯まれば、ドリンクを1本買えます。

 

コンビニで使えるおすすめなクレジットカードは、リクルートカードと楽天カードです。

リクルートカードならローソン。

楽天カードならサンクス、サークルK、ポプラ。

 

リクルートカードはコンビニ以外にもホットペッパーで提携しているお店で使ってもポイントがもらえます。会社の飲み会などで行った時にクレジットカードで支払えば、1人で使うよりも早く大きなポイントを貯めることができます。

 

楽天カードであれば、提携している店舗の多さがメリットです。

例えば、最近だとマクドナルドと提携しましたね。他にもカフェのPRONTOや飲食店のペッパーランチ、百貨店の大丸などでもポイントがもらえます。

 

どちらかのクレジットカードに集中して毎日使っていれば、毎月ポイントだけで数千円〜数万円返ってきます。

 

私も水道代やガス代など生活費のほとんど全てをクレジットカードで支払っています。居酒屋や美容室に、月に1度ポイントだけで行けるので重宝しています。

 

リクルートカードより楽天カードのほうが、ネットでのショッピングが簡単なところが好きでずっと使い続けています。 

 

楽天カード

 

クレジットカードを使うならネットで買い物がオススメ

クレジットカードを使うならネット通販がおすすめです。

 

月の初めにあらかじめネットで購入しておけば、無駄にコンビニに寄る回数も減ります。ちなみに、私も社会人になってから始めて浪費が減りました。

 

しかも、ネットで買ったほうが安いです。そして、自動化もできて便利です。Amazonや楽天だけで生活している人も増えてきていますし、Amazonでは必要な食料や日用品を毎月自動的に割引がついて購入できます。

 

個人的におすすめなのが、クリスタルガイザーです。

Amazonでも楽天でもまとめ買いで安く買えます。1本あたり30円ちょっとなので、これだけでも1本70円以上の節約になります。

 

毎日飲むコーヒーも安く買えてお得です。

ドリップコーヒーを購入しておけば1杯あたり約20円で飲むことができます。毎日100円かけているとすれば80円の節約になり、1ヶ月(30日)で2400円の節約になりますね。

 

おわりに 

仕事のお昼休み、帰り道に毎日寄ってるかも!と思ったら、今日から行かないようにしてみるといいかもしれません。

 

お金と時間の節約になりますよ!

 

毎月必要になるものは、Amazonや楽天で安く買っておきましょう。