かえるチャレンジ

運営しているブログのことや仕事、生活で役立つことを公開しています。

20代のうちに読書をしておく大切さの勧め

f:id:paychan:20170204210143j:plain

20代のうちに読書することを勧めます。読書をする人としない人では、5年後10年後で大きな差が出ます。

 

なぜ読書をするといいのか?

そもそも読書のメリットは?

 

本は自分だけがまだ体験できてないことを知れます。先人の知恵を借りることができるんです。

 

人の能力はほとんど差がないと私は思ってます。東大卒でも高卒でも同じです。でも、結果に差が出る。それは努力の差だと思います。

 

努力をする、しないは大きな差を作ると思いますが、さらに差を作るのは努力の方法です。

 

上手くいく人は、努力が実る上手い方法を知ってます。その方法を知るのは、実際の努力量だったり、人に教えてもらったり、本を読んだりです。

 

本のメリットは先人の知恵を借りて効果的な努力の方法を知ることができます。これに関しては、学生の参考書もビジネス書籍も趣味の本も同じです。

 

本は先人のトライ&エラーの塊です。失敗の時間がなくなる(少なくなる)ので、早いペースで上手くなれます。

 

では、どんな時に本を読むといいのか紹介します。

 

どういう時に本を読むのがいい?

実際に本を読むとすれば、新しいことをする時か大きなことをする時、知識を増やす時です。

 

新しいことをする時

新しいことをする時は本を読んで知識を得ておくことが必要です。

 

例えば、新しい趣味を始める時にいきなり趣味の道具を揃えるのは効果的ではないですよね。「買っちゃったけど、使わない」などあると時間もお金ももったいないです。

 

他にも、仕事で新しい業務をする時はあらかじめ知識を準備しておく必要がありますよね。何にも知らない状態で向かっても手付かずで時間だけ過ぎていきます。

 

大きなことをする時

大きなことをする時はできるだけ失敗は避けたいものです。やることが大きければ大きいほど、失敗した時に失う時間とお金が大きくなります。

 

例えば、カフェ開業です。カフェ開業したい!と思って、準備もなく行動したら失敗しますよね。カフェの開業は非常にお金がかかります。ちょっと調べるだけでも1000〜1500万円ほどかかります。

 

大きな金額になると、失敗した時のダメージがすごいです。。。

 

開業するなら、こんな感じの本を読んでおきたいですね。

カフェをつくりたい人の本 (小さなお店づくりのヒント)

カフェをつくりたい人の本 (小さなお店づくりのヒント)

 

 

カフェ開業はひとつの例でしたが、どんなことにも失敗はあります。できるだけ失敗をしないためにも本を読んで準備しておきたいですね。

 

上手くいってない時

すでにやっていることや知識もあること。でも、上手くいってないことってありますよね。私もあります(不器用なので多いです笑)。

 

冒頭でも話しましたが、上手くいってないのは上手くいく方法でやってないからです。

 

すでに上手くいってる人の上手くいく方法をパクリましょう。

 

知識を増やす時

多くの人が一番やってること。単純に知識を増やします。

 

歴史、社会、科学、人間関係などなど。

 

私はこういうの読みます。

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

 

 

自分の夢にしてます。行きたいところ増やすの楽しいですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

普段無意識にしてることでも何のために本を読むのか明確になってると本を選びやすいですね。

 

 

こちらで管理人おすすめの本を紹介しています。

20代で読むべきおすすめの本2選【随時更新】

 

本は何でも読めばいいわけでなく、効果的なものを読書するとさらにいいです。