読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるチャレンジ

運営しているブログのことや仕事、生活で役立つことを公開しています。

塩ラーメンの味から学ぶブログ術

f:id:paychan:20170519005831j:plain

こんにちは、かえるです。

 

今日は久しぶりに塩ラーメンを食べてきました。

 

まるで孤独のグルメの五郎さんのように目に付いたお店に入りました。

 

今回は塩ラーメンから気付いた学びを書き留めておきます。

 

味の濃い塩ラーメンでした

f:id:paychan:20170519005831j:plain

実はこの塩ラーメン、非常に味が濃いです。「うぉっ!塩!」って塩がどっと感じられるほどの濃い味です。

 

人によっては「塩辛い」と感想が出てもおかしくないほど濃いです。

 

なぜ濃いことに驚いてるかと言うと、今住んでるのが関西だからです。関西のラーメンってスープが薄いんですよね。

 

横浜家系や二郎系ラーメンもあるんですが、どこもスープが薄味です。関東出身の私からすれば、どの味も薄味です。

 

でも、今回は濃かったのです。しかも、塩ラーメンなのに。すごく薄いスッキリする味を期待していたのに。

 

味がですね、濃いだけでなく、美味しいんです。もういっかい食べに行きたいと思う味でした。

 

食べログで調べてみると、人気の塩ラーメンでリピーターも多い。評価が高く上から数えてすぐに表示されているようなお店です。

 

どうして薄味のスープが好まれる関西で濃い塩ラーメンを出しているのでしょうか?

そして、なぜそこが人気なのでしょうか?

 

point1. その街に合った味

その周辺のお店もなんですが、濃い目の味付けをしたお店が多数あります。

 

ラーメン以外にも焼肉、中華、お好み焼き、海鮮と様々なジャンルのお店がある街です。

 

他の飲食店もある中、何度も足を運んでもらうインパクト。それは、”その街に合った味で勝負をする”ということだと思います。

 

私の仮説ですが、街によって好む味付けがあるんだと思います。A街は甘口、B街は辛口、C街は中辛と言ったように。

 

街にいる人が好む味を提供する。だから、人気も高くリピートも増えてるんではないかと。

 

point2. 濃い味で差別化

関西に薄味が多い。つまり、薄味はいつでも食べれる。

 

濃い味にすることで、他のお店にはない魅力を付けることができます。「ちょっと濃い味のラーメンが食べたい」と思って、少し離れたところに住んでる人もたまに食べに来ます。

 

常に来てくれるお客さんは少人数かもしれません。でも、たまに来てくれる人が大多数いれば、そのお店は人気になれます。

 

まとめ

塩ラーメンは濃い味で人気店になれます。

 

秘訣は、

・街に合った味にする。

・その他大勢の店舗と差別化する。

 

たまにラーメンを食べに行くのもブログの効率アップにおすすめですよ(笑)

 

美味しい食事から学ぶブログ術でした。