読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるチャレンジ

20代向けライフハックブログ。20代に向けた健康や仕事、恋愛について公開してます。

仕事、勉強の集中力が続かない。集中力をキープする4つの方法を紹介

仕事術

f:id:paychan:20170216200246j:plain

・午後3時、4時になってくると集中力が続かない

・食後だから少し眠い

 

仕事に集中したいのに、午後3時くらいになるとプツンと切れますよね。チョコを食べたり、トイレに立ったりして気分転換しているのに続かない。。。

 

私もよくあります。私の場合はデスクワークなので、集中力が切れると大変です。なかなかモチベーションを復活させることもできないですし、気付けば時間が過ぎているなんてことにもなりかねません。

 

デスクワークということもあり、仕事の集中力をキープする方法をいくつか試してきました。今回は仕事や勉強で集中力を維持したい人向けにその方法を紹介します。

 

運動

トイレで席を立ったついでに軽くストレッチをして身体を伸ばします。デスクワークだとずっと同じ姿勢で筋肉が強張るそうです。

 

私の場合はパソコン仕事なので肩が凝ります。整体師の友人に聞いてみたところ、私の場合は左肩が凝りやすいそうです。マウスを動かしたりしてるため、右肩は多少運動するから凝りにくいんだとか。

 

腕を伸ばしたり、肩の上下運動をすると肩こりの軽減に役立つそうです。

 

睡眠

最近では職場で仮眠を取ることを許している企業も増えてきています。5〜10分眠ることで集中力が回復し生産性が上がります(個人差はあります)。

 

といっても、うちの会社では寝れませんという場合もあると思います。そういう時はお昼休みに5〜10分寝ておくのも効果的です。短くても意外とスッキリしますよ。

 

コーヒー

コーヒーは単純作業をする時のパートナーに適しています。コーヒーの持つ覚醒作用により長時間疲れを感じにくくなるからです。

 

詳しくは過去の記事で紹介しています。

kotohikari.hatenadiary.com

 

今回はコーヒーに砂糖を付け足します。実は私は大の甘党です。チョコやアイスなど大好きです。

 

ですが、仕事中は控えています。甘いものを食べるとどうしても眠くなってしまいます。昼食後だとなおさら眠くなりますよね。

 

この眠気は血糖値とインスリンによるものです。白米やパンなどの炭水化物は体内で糖質になります。食後、急激に血糖値が上がりますが、インスリンが血糖値を下げます。今度は血糖値が下がりすぎ、脳の働きに必要な糖質もなくなるため満足に活動できず眠気が起こります。

 

食事によって血糖値が急激に上がったのが原因です。例えば、車のスピードが出ている時に思いっきりブレーキを踏んだ感覚です。急に上がったのでインスリンも急に出すぎたのです。

 

そこで私のおすすめはココナッツシュガーです。血糖値の上昇がゆるやかで、眠気が来ません。

オーガニックココナッツシュガー

 

砂糖は砂糖でも血糖値の上昇するスピードが一般的なものと比べてゆるやかです。この血糖値の上昇するスピードを計った値をGI値といいます。一般的な白砂糖はGI値:110に対して、このココナッツシュガーはGI値:35です。

(ちなみに、白米はGI値:84です)

 

十分甘さも感じれて、飲んだ後も眠くなりません。今までチョコや飴を食べていた時は眠くて眠くてしんどかったです。

 

ここ最近はずっと愛用しています。ほんのりココナッツの味も楽しめて重宝しています。

f:id:paychan:20170215223533j:image  

オーガニックココナッツシュガー

 

音楽を聞く

音楽を聞くのも効果的です。音楽を聞くことでリラックスできたり、モチベーションを上げることができます。

 

過去の記事でもこの方法は紹介しています。

kotohikari.hatenadiary.com

 

私の場合はとあるサントラが必須アイテムです(笑) なぜかあのBGMを流していると仕事が捗ります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

どの方法も人によって効果のあるもの、効果のないものもあります。私は自分に合う方法を見つけるまでいくつか試してきました。その中で効果のあったものを紹介しました。

 

まず試してみて自分に合うもの、続けられるものを見つけてみるといいと思います。私のおすすめはココナッツシュガー入りコーヒーですね。甘党の私には嬉しい方法でした。