読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるチャレンジ

運営しているブログのことや仕事、生活で役立つことを公開しています。

通勤時間が1時間以上なら引越しを検討しよう。会社の近くに住むメリット

f:id:paychan:20170206213343j:plain

会社に勤めるからには切っても切り離せない通勤。

 

通勤ラッシュの満員電車。最寄り駅から自宅の移動。

 

あなたは毎日通勤時間にどのくらいかかっていますか?

 

通勤時間に1時間以上かかっているのなら、引越すことをおすすめします。通勤時間の平均時間は約1時間と言われています。往復にすれば、1日2時間です。

 

1日2時間で計算してみましょう。1週間で10時間。1ヶ月で220時間。1年で2640時間。

 

2640時間は110日です。1年の3分の1です。

 

もしもこの時間を他のことにあてられるとしたら・・・?

あなたは何がしたいですか?

 

私も通勤に1時間かけている時がありました。引っ越して気付いたことは、会社の近くに住むことはメリットしかありません。

 

今回は会社の近くに住むメリットを6つ紹介します。

 

通勤時間が短い幸せ

通勤時間が短いと会社に通うことが億劫になりません。

 

通勤時間がない分、朝ゆっくり起きることができます。さらに、仕事終わりもすぐに変えることができます。1日疲れてもすぐに家で休むことができるのです。

 

通勤時間が長い時は行きも帰りも気持ちが落ち込む感覚がありました。会社の近くに引越すだけで日々のストレスから解消されます。

 

睡眠時間がある幸せ

通勤時間に使っていた時間がなくなった2時間を他に活用することができるようになりました。

 

朝ゆっくりと睡眠にあてることもできます。

 

電車なら移動してる間、寝れますよ?

 

という人もいます。ですが、電車で寝るのと自宅のベッドで寝るのどちらが幸せでしょうか。火を見るよりも明らかです。

 

不満を言わなくなる幸せ

通勤に対する不満がなくなります。早朝の寒さも満員電車もなくなります。

 

人は自分の言葉をよく聞いてます。マイナスの言葉を言えば言うほど、自分の気持ちは沈みます。

 

不満を言い続ける自分と不満を言わない自分。どちらがいいでしょうか?

 

プライベートの時間を充実できる幸せ

プライベートの時間が豊富になります。読書も映画鑑賞も食事も恋人とのデートも楽しめます。

 

帰路を気にして行けなかったところにも行くことができます。私の場合だと、仕事終わりの映画館です。映画を観てから帰れる幸せは何にも変えられません。

 

他の仕事ができる幸せ

通勤時間に使っていた2640時間を他の仕事にあてられます。

 

1ヶ月分の220時間をアルバイトに使うことができたなら? 時給1000円と考えても、1ヶ月で22万円稼ぐことができます。

 

計算してみると、通勤時間に働いてる時間と同等のお金をかけていることがわかりますね。

 

会社の飲み会後も歩いて帰れる幸せ

会社の新年会や忘年会で飲み会になっても歩いて帰れます。酔っ払いになってもすぐに自宅に着けます。これほどの幸せはありません。

 

お酒に弱い人なら、なおさら会社の近くに住むべきです。お酒に酔って気持ち悪い中、自宅まで帰るのは不安がつきものです。

 

遅くまで飲める幸せ。終電を気にしない幸せ。自宅の近い幸せ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

会社の近くに引越すことは幸せになる第一歩です。

 

もしも会社まで1時間以上かけて通勤しているなら、見直すことをおすすめします。

 

お金を節約している人もそうでない人も、もしかすると時間を節約してないかもしれません。