かえる屋

恋愛マーケティングとお金が好きな人がやってるブログです。

ブログ始めて3ヶ月でアクセス数を劇的に増やす5つの方法

f:id:paychan:20170418191911j:plain

こんにちは、ブロガーのかえるです。

 

「リアルとTwitterのほうでブログのアクセスが伸びなくて悩んでます!」という質問をもらいました。

 

なので、今回はブログを始めたばかりの人でもできるアクセスをアップする方法について紹介します。

 

「3ヶ月書いてるのにアクセスがアップしない」

「自分の文章に自信がない」

 

実は私もそうでした。最初はアクセスをアップさせることができず、半年間ほど巨大迷路の中で彷徨っている感じでした。

 

WEBの世界すら初めてだった私には、ブログに何を書いたらいいのか全く分かりませんでした。100記事ほど書き続けてみて、アクセス数をアップする感覚がわかってきました。

 

「こういう記事を書くとアクセス数が増えるんだ」と。

 

アクセスをアップする方法は意外と簡単です。まずは、この記事で紹介する方法を試してみることをおすすめします。

  

3ヶ月間、毎日記事を投稿する

毎日記事を投稿します。

 

毎日上げなくても100万PVを達成しているブログは多数あります。しかし、毎日記事を投稿することが大切だと私は思います。

 

これは私の体感ですが、3ヶ月間毎日書き続けると文章を書くレベルが上がります。最初の1ヶ月目と比べものにならないくらい進歩します。実際にやって自分で読み返してみるとわかりますよ。

 

人によって個人差はあると思いますが、読みやすい文章、読みたくなる文章を書けるようになってきます。

 

100記事ほど書き続けると、自分の文章の癖がわかります。

「詳しく解説する記事を書くの得意」

「4コマ漫画みたいに画像と文章を使って笑わせる記事を書くのが好き」

などなど。

 

自分が書きやすい文章がわかれば、さらにアクセスを集めるのにどういうところに気を付ければいいのか分析できます。自分の文章を読み返してみましょう。

 

読者目線で考える

記事を書くときに気を付けたいポイントです。その記事を誰に向けて書いているか。

 

ブログ初心者が失敗してしまうところです。当然、私も自分が書きたいことを書きたいように書いてました。全くアクセスが集まらず、100記事くらいはボツになりましたね(笑)

 

ブログだとイメージしにくいので、他のことで例えます。

 

例えば、あなたは友達と食事に行きます。あなたはラーメンが食べたいですが、友達はアレルギーでラーメンを食べることができません。あなたは友達とラーメン屋さんに行きますか?

 

答えは「No」でしょう。

 

ラーメンで例えるとわかりやすいですが、多くの人は記事を書くときに間違ったほうをやっています。読者にラーメンを食べさせてます。

 

読者があなたのブログを訪れる時、多くの場合Googleから検索で来ます。検索した商品、サービスのことが知りたい。そう思ってきた読者が、あなたのブログに何を期待して来ると思いますか?

 

最初はブログを書くのが楽しくて気をかけることができないかもしれません。でも、慣れてきたら、もっとアクセスを集めたいと思ったら、誰に向けて書くのか考えておくことが大切です。

 

投稿する前に読み返す

記事を投稿する前に読み返しましょう。この作業は大事です。

 

誤字・脱字や日本語として理解しづらい、理解できない文章は、読むのを楽しみにブログに訪問した読者に損です。

 

もし、あなたがそういうブログにアクセスした時どうしますか?

 

たぶん、左上からブラウザバックしますよね。

 

誤字・脱字の修正するだけで読まれるようになるのですから、大切さがわかりますね。

 

私もたまに誤字・脱字があります。完璧な人間っていないものですね。。。

 

投稿の前に最低1回は確認します。投稿した後にも1回確認します。

 

投稿した後の確認のタイミングは、少し時間空けてからのほうが見つけやすいです。投稿してすぐだと気持ちが上がってるので、気付かないこともよくあります。気持ちが落ち着いてから確認しましょう。

 

イベントに合わせて投稿する

ブログによってできないこともありますが、イベントに合わせて記事を投稿するとアクセスを集めやすいです。

 

例えば、あなたがガジェット系のブログを書いているとします。iPhoneの発売は毎年9月です。iPhoneを使う日本人は多いので、多くの人がiPhoneの新型を気にしています。

 

iPhoneの記事を書いていればアクセスを増やせます。「iPhone 8の最新情報!」などですね。

 

発売日以外にもシーズン毎のイベントもアクセスアップに使えます。バレンタインデーや夏休み、クリスマスなど。

 

映画やドラマも効果的です。私も映画は公開日に観に行って記事にしますし、去年だとドラマ「逃げ恥」が大人気でアクセスを集めているブログをよく見かけました。

 

私の他のブログは、イベントを上手く使ってアクセスを集めています。発売日ネタ、シーズンネタ、多くの人が注目するネタなど。

 

定期的に狙って書いていれば、3ヶ月で月間10万PVのブログを作ることも可能です。

 

ただし、イベントを追っかけてばかりで質の低い(内容のない)記事を大量生産するのはダメです。逆にアクセスを減らす原因になります。読者の目線で考えて質の高い記事を投稿しましょう。

 

さらに、時期が過ぎてしまうと読まれなくなります。iPhoneが発売してから読むとしたら、「iPhoneの使い方徹底解説!」や「iPhoneおすすめアプリ」などですね。長期的に読まれる記事を書きたい人には、あまりおすすめできません。

 

なので、長期的に読まれる記事も一緒に書いていくといいです。

 

オリジナリティを追究する

オリジナリティがある作品には勝手に人が集まります。これはブログだけでなく、書籍や映画でも同じです。

 

私は映画をよく見るのですが、邦画だと三谷幸喜、洋画だとスティーブン・キングの作品が大好きです。たぶん、あなたも好きな監督の作品ってあると思います。

 

好きになると、その人が作った他の作品も気になって見ますよね。ブログも一緒です。面白い記事を読むと、他の記事も読みたくなりますよね。

 

面白い記事、オリジナリティのある記事を投稿し続けていけば、「あなたの書いた記事が好きなファン」が生まれます。ファンはあなたの投稿が気になって毎日ブログを見に来るようになります。

 

他の4つの方法と違い、すぐにアクセスアップに繋がるわけではありません。結果が出るまで長い時間がかかるかもしれません。ですが、ブログを続けるなら大事なエッセンスです。

 

ブログのマネタイズについて

ある程度アクセスが増えてきたら、ブログのマネタイズも考えます。

 

まずは、Google Adsense とAmazonアソシエイトです。Google Adsense はクリックだけで報酬が発生するので、製品やサービスと関係ない記事からも報酬が発生するので便利です。

 

初心者の人でもASPに登録しておくことをおすすめします。

 

登録すると、どういう案件があるのか見ることができます。あなたのブログと相性の良い案件(例えば、旅行ブログなら旅行系の案件など)を見つけることができます。

 

「ブログで稼ぎたい!生計を立てたい!」人は、必須です。

 

おすすめのASP

アフィリエイトなら【A8.net】

日本で最大手のASPです。色んな業界の製品、サービスの案件があります。A8.netに登録しておけば、必要な案件はほとんど見つかります。

 

バリューコマース

A8.netで欲しい案件が見つからなかった時に使ってます。A8.netに載ってないけど、使いたい製品、サービスはだいたいここで見つかります。

 

もしもアフィリエイト

Amazonと楽天の両方のリンクを簡単に作れる「カエレバ」用で使ってます。

 

楽天のアフィリエイトを楽天からやると、楽天ポイントや口座が面倒なので、こちらから利用しています。

 

スマートフォンアドネットワーク【nend】

Google Adsense と同じくクリック型の広告です。あとちょっと欲しい!という時に使えて便利です。

いくつか登録して実際に試してみるといいです。試していく中で自分のブログに合う広告がわかってきます。

 

私が文章のスキルアップのために読んだおすすめの本

ブログの基本。文章の書き方がわかる本です。

 

本を読むのも時間とお金がかかるので、最低限読んだ本だけ紹介します。

 

私が一番おすすめの本です。ジョジョの奇妙な冒険の作者の漫画と向き合う仕事術。

「読み手にどこまで求められるか、どこまで読み手に応えるか」

 

書き手にとって大事な姿勢を学べます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ひとつひとつは小さなことですが、5つの方法を丁寧にやれば必ずアクセス数はアップします。

 

基礎的なことばかりでしたが、ブログでも基礎を押さえることが大切です。小学校の勉強と同じです。足し算をまだ覚えてないのに、掛け算や割り算を勉強しても身に付きません。

 

小さいことをコツコツ続けてアクセスアップするのが、ブログです。私も毎日投稿続けています。

 

続けていれば、アクセス数は必ず伸びます!

今アクセスが増えなくても、焦らず続けましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです。