かえるチャレンジ

運営しているブログのことや仕事、生活で役立つことを公開しています。

30歳、貯金100万円は可能だけど、信用にはならない

f:id:paychan:20170725185933j:plain

 

ネット界隈で話題を集めているこちらの記事。

anond.hatelabo.jp

 

結論から言うと、30歳で貯金100万円を作ることは可能。だけど、貯金100万円あるから信用できるっていうのは間違った話だと思う。

 

22歳で就職したら7~8年働いてるわけだから、毎年15万円程度貯金をしていけば達成できる。

 

社会人になってからも実家暮らしなら、100万円以上貯金もできるだろう。実家暮らしならフリーターでも達成できる値だ。

 

ただ、100万円貯金があるからと言って、社会的に信用できる人かどうかを測ることはできない。

 

私がそう思う理由について説明していく。

  • お金はモノ
  • 22歳の15万円と30歳の15万円は価値が違う
  • 貯金よりも経験値

 

以上の3本構成で話していきます。

 

お金はモノ

結局、お金ってモノなんですよ。

 

物々交換で生活していた人類に交換しやすい物差しとして登場したのがお金です。

 

最初こそ、肉や魚の交換に使ってたのでしょうが、いつの間にか車や家など大きな買い物もできるようになったんです。

 

100万円の貯金ですが、交換するのに使うモノをそこまで貯めることに意味があるのか?ということです。普通に生活するだけなら月に10万円なくても生活できます。

 

100万円でしたいことがあるなら、100万円の貯金には価値があります(交換する先があるから)。

 

でも、もしも使う予定もなく100万円の貯金があるなら、ただただ残ってしまったモノでしかない。

 

食べ物に例えるとわかりやすい。例えば、お腹いっぱいの時にラーメンを出されても食べられない。そういう時のラーメンって苦痛でしかない。

 

お金もこれと同じ。お金の場合は、放っておいても腐らないし、苦痛を感じにくいから気付かないだけです。

 

だから、100万円という使い道が決まってないお金を貯金として持っているのは個人的には好ましいことではないと思うんです。

 

22歳の15万円と30歳の15万円は価値が違う

さて、就職してから働いてると毎年15万円ずつの貯金と冒頭で話しました。

 

15万円って結構大きいですよね。ちょっと豪華なレストランで食事もできますし、パソコンも買えますし、旅行にも行けます。

 

ここで22歳の15万円と30歳の15万円って価値が違うと思うんですよ。

 

同じ15万円の体験でも30歳で経験するよりも22歳で経験するほうが圧倒的に価値が高い。だって、8年分の時間を前倒して経験できるんだから。

 

「えー?」と理解してない人もいるので、わかりやすく説明します。

 

小学生の時の1万円と社会人の時の1万円って同じ1万円でしょうか?

小学生の時の1万円のほうが価値があると思いませんか?

 

同じ1万円でも「こんなに好きな物が買えるんだ!」と感じるのと、「1万円ならこれくらいの物が買えるね」と感じるのでは雲泥の差があります。

 

100万円を貯金した人は時間的に価値の高い経験を買わなかった人。経験を買ったほうがお得だったかもしれないのに。

 

貯金よりも経験値

私が伝えたいことは「貯金よりも経験値のほうが価値がある。圧倒的に価値がある。」ということ。

 

社会人になって働いてわかったけど、100万円貯金があるけど仕事ができない人、社会性に欠ける人はたくさんいる。

 

100万円貯金するくらいなら、自分の経験値を作るのに使ったほうが断然面白いと思う。

 

それで、経験値が多い人のほうが30代になってからお金を稼いでる人が多い。100万円を先に使った分、30歳で年収1000万円になったほうが面白いじゃない。

 

おわりに

100万円貯金あったら信用できるなんてわからない。100万円あるけど、他に何もないって状況もありえるから。

 

貯金するか経験を買うかは価値観によって違う。

 

だから、今回の価値観が絶対正しいなんて話ではない。だけど、私は貯金よりも経験値を選択する。

 

いいじゃない、100万円くらいなくなっても。たかがお金なんだから。